• トップ /
  • 妊娠中は食事のバランスが大切

妊娠中の食事のとり方

妊娠初期はつわりで悩まされる人が多いのですが、5ヶ月を過ぎると体調が安定してくる傾向にあります。この時期をいわゆる安定期といいますが、この時期からは体重管理をしっかり行うよう言われます。妊娠初期の胎児はもとから母体が持っている栄養を吸収して成長していきます。そのためつわりなどで多少食事がとれなくても問題はありません。しかし安定期に入るとへその緒を通して赤ちゃんに栄養が届くようになるため、食事のバランスをしっかりととのえる必用があります。更につわりによって食事がとれなかった反動で、安定期になると一気に食欲が増して食べ過ぎてしまうという人も少なくはありません。赤ちゃんの成長のためには食事のバランスをきちんとととのえることが大切です。偏った食生活を送ってしまうと赤ちゃんに悪影響を及ぼす恐れがあります。また体重も増えやすく、急激な体重増加は妊娠糖尿病などの様々な健康被害を招きます。安定期は流産などのリスクが減ることから一気に安心感を感じ、食欲に任せて食べたい物を食べたり、仕事を頑張りすぎてしまったりと何かと油断しがちです。安定期でも流産や早産の可能性は0%ではないので、しっかり食事のバランスをとり、また適度な運動をするなど、赤ちゃんのための生活習慣に切り替えるようにしましょう。

妊娠の必須情報

↑PAGE TOP